2014.9.30 05:02

楽天、FA取得のオリ・金子&平野獲り参戦!激しい争奪戦必至

8回に投手交代を告げる楽天・星野監督=コボスタ宮城

8回に投手交代を告げる楽天・星野監督=コボスタ宮城【拡大】

 (パ・リーグ、楽天4-7オリックス、21回戦、オリックス14勝7敗、29日、コボスタ宮城)楽天は29日、オリックス21回戦(コボスタ宮城)に4-7と敗戦し、クライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消えた。来季の投手補強として国内フリーエージェント(FA)権を取得しているオリックス・金子千尋(30)と平野佳寿(30)の両投手をターゲットにしていることが分かった。

 「もちろん2人は調査中です。チーム成績が悪かった以上、投打の戦力を整えないといけない」と球団幹部は明かした。楽天のチーム防御率3・92はリーグ5位。先発投手は則本が14勝(9敗)と奮闘するも、他に2桁勝利投手はいない。抑えのファルケンボーグは自己最多の20セーブを挙げているが、防御率2・95と不安定だ。

 巨人、阪神など複数球団が2投手の獲得へ動くとみられ、激しい争奪戦は必至。星野監督が辞任し、立て直しを図る楽天にとって先発、救援の整備は急務となる。

試合結果へ

(紙面から)