2014.9.29 11:00(1/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「岡田の再登板…どや?」和田監督進退めぐる舞台裏

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記
和田豊監督が退任した場合、次期指揮官として最有力視されている野球評論家の岡田彰布・元監督(左)=甲子園球場(岡田亮二撮影)

和田豊監督が退任した場合、次期指揮官として最有力視されている野球評論家の岡田彰布・元監督(左)=甲子園球場(岡田亮二撮影)【拡大】

 恋人の名は岡田彰布-。球団側の「和田監督続投」具申を保留し続けた阪神・坂井信也オーナーの意中の人が、2005年リーグ優勝監督の岡田彰布氏(56)=元阪神監督、前オリックス監督=の7年ぶり復帰であることが判明しました。監督人事の権限を持つオーナーの意向ですが、それでも一本化には至っていません。CS2位進出&CSを勝ち抜いた際の和田豊監督(52)続投も視野に入れて、本社-球団首脳はなおも熟考中です。和田監督続投か、岡田新監督か、はたまたドンデン返しか…。舞台裏を覗きましょう。

■ あれだけ提言したのに…“晩夏のスタミナ切れ”

 9年連続のV逸が決まった阪神は、またしても夏場以降の急降下を防げませんでした。あまりにもむなしい秋の風に、ファンもため息しか出ませんよ。「我慢の8月、勝負の9月」と言い続けていた和田監督にとっては、痛恨の“晩夏のスタミナ切れ”ですね。

 しかし、3位以内の可能性は高く、CSに出場し、逆転日本一の可能性は残ります。144試合の最後まで、CS本拠地開催権のある2位を目指さなければなりません。広島をかわして2位になれば、CSは本拠地・甲子園球場で開催です。5億円を超える興行収入が入ってきますからね。最後の最後まで頑張らねばなりません。和田監督は自身の進退を賭けた戦いとも言えるでしょう。

【続きを読む】