2014.9.23 20:44

西武がびっくりプロ野球新記録!チーム三振数のワースト記録更新

 (パ・リーグ、オリックス0-2西武、21回戦、オリックス11勝9敗1分け、23日、京セラドーム大阪)西武が134試合目でチーム三振数を1152とし、日本ハムが2005年(136試合制)に作った1151のワースト記録を更新した。

 タイ記録まで10として臨んだ試合は、オリックス先発の西に7三振を喫し、3番手のマエストリに対し八回に2三振。九回先頭の鬼崎が空振り三振でタイ記録となると、代打・森が153キロの直球を空振りし、ワースト記録となった。

 田辺監督代行は「そこは今季の反省材料として、来季に向けて取り組んでいくしかない」と話した。

試合結果へ