2014.9.14 05:01

阪神・伊藤隼、中前打後逸…ワンバウンドしても捕れん

伊藤隼は七回、石原の打球を後逸した

伊藤隼は七回、石原の打球を後逸した【拡大】

 (セ・リーグ、阪神5-17広島、21回戦、阪神11勝10敗、13日、甲子園)大卒3年目の伊藤隼が、課題の外野守備でミスを犯した。3-9の七回二死一、三塁。石原の中堅左への打球を、前進しながらワンバウンドで捕球を試みるが後逸した。左翼手・マートンが慌ててカバーに走るも、一走の生還を許す適時失策となった。打撃でも四回に無死二塁から初球を打ち上げ、遊飛。4打数1安打で、試合後は無言を貫き、厳しい表情のままクラブハウスに引き揚げた。

試合結果へ

(紙面から)