2014.8.30 05:05(2/4ページ)

1軍ただいま~!虎・狩野、10点爆勝呼ぶ2ラン&4打点

右翼の守備につく際、虎党の大声援に応える狩野

右翼の守備につく際、虎党の大声援に応える狩野【拡大】

 九回表降雨コールドゲームで、苦楽をともにした能見との試合後のお立ち台は幻となった。それでも、4万人に近いファンはわかっていた。ヒーローは誰かを-。今季初昇格の狩野が4打数3安打4打点。プロ14年目、背水で挑んだ31歳の神がかり的な活躍が、チームを再び、加速させた。

 「いろいろありましたけど神様っているんだなと思いました。ファームでがんばっている若い選手たちに刺激になればと思います」

 巨人戦に負け越し、自力Vが消滅して終了した夏のロード。4週間ぶりに帰ってきた甲子園で、崖っぷちの苦労人がスタメン起用に気を吐いた。

 劇弾は2-0の三回二死二塁だ。ヤクルトの赤川の初球をとらえた。打球は豪快にライナーで左翼席へ。2012年8月31日の広島戦(甲子園)以来の1号2ラン。表情ひとつ代えず走る姿に、これまでの思いがにじむ。ベンチ前でチームメートとハイタッチし、ようやく笑顔がこぼれた。

【続きを読む】