2014.8.23 05:02

93年ぶり!健大高崎・平山、大会8盗塁「観衆がわいている」

3回裏2死、二盗を決める健大高崎・平山=甲子園

3回裏2死、二盗を決める健大高崎・平山=甲子園【拡大】

 第96回全国高校野球選手権大会第12日第3試合(高崎健康福祉大高崎2-5大阪桐蔭、22日、甲子園)健大高崎の快進撃は止まった。だが足は止まらなかった。1番・平山敦規外野手(3年)は一回に四球で出塁すると、二盗。先制のホームも踏んだ。三回、七回にも盗塁を決めた。

 中学時代は陸上部でも活躍した50メートル6秒0の快足は「観衆がわいているのが分かり、どんどん走りたいと思った。勝利に結びつかず悔しい」。今大会一度も失敗せずに通算8盗塁とし、1921年に京都一商(現西京)の原田安次郎がマークした大会記録に並んだ。

 チームとしては26盗塁で、21年に和歌山中が記録した29には及ばず。一昨年のセンバツで敗れた大阪桐蔭へのリベンジもならなかったが、青柳監督は「足は日本一。失敗を恐れずにやってくれた」。徹底した機動力野球は大会に強いインパクトを残した。(丸山汎)

試合結果へ

組み合わせへ

試合日程へ

(紙面から)