2014.8.19 05:05(1/4ページ)

「NO.1右腕」で再建!燕、盛岡大付・松本の1位指名急浮上!

ヤクルトの1位候補に浮上した松本。落ち着いたマウンドさばきはプロでも即戦力のレベルだ

ヤクルトの1位候補に浮上した松本。落ち着いたマウンドさばきはプロでも即戦力のレベルだ【拡大】

 ヤクルトが今秋のドラフト会議で、岩手・盛岡大付高の150キロ右腕、松本裕樹投手(3年)を1位指名する可能性が18日、急浮上した。甲子園大会での投球を視察した鳥原公二チーフスカウト(59)が「大会NO.1右腕。打ち取るコツを知っている」と大絶賛。「1年目から1軍に出られる」と評価し、チーム防御率4.88で12球団ワーストの投手陣再建の救世主に“指名”した。

【続きを読む】