2014.8.15 05:04(1/3ページ)

虎・上本、急ブレーキで1番剥奪危機…Gに連敗で2・5差後退

一回、三振に倒れた上本。8月に入り、リードオフマンが深刻な打撃不振だ(撮影・鳥越瑞絵)

一回、三振に倒れた上本。8月に入り、リードオフマンが深刻な打撃不振だ(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人4-1阪神、18回戦、阪神10勝8敗、14日、東京ドーム)上本急ブレーキで1番はく奪危機…。阪神は初対戦のセドンを打ち崩せず、巨人に連敗。首位攻防3連戦を1勝2敗で負け越し、2・5差に開いた。不動の1番に定着してきた上本博紀内野手(28)が8月打率・178と失速し、首脳陣は鳥谷1番の新オーダーを検討していることが判明。残り41試合、聖域なき起用法でGを追撃する。

【続きを読む】