2014.8.10 05:04(2/2ページ)

メヒア&おかわり弾!西武「埼玉vs千葉」防衛、来季も“上”に

試合前、新日本プロレスの永田(左)との対決で空振り三振に倒れるオードリー春日

試合前、新日本プロレスの永田(左)との対決で空振り三振に倒れるオードリー春日【拡大】

 『埼玉vs千葉ライバルシリーズ 2014』と銘打たれた対決。ユニホームの胸のロゴも「埼玉」、「千葉」とし、初開催の昨年は過去の優勝回数などから『埼玉(西武)vs千葉(ロッテ)』と埼玉の“上位”でスタートした。昨年は西武が4勝2敗と勝ち越し、『埼玉vs千葉…』と埼玉が“上”をキープ。今年も勝ち越したほうが来年の“上”を得るローカルルールが継承された。

 前回7月25日からの3連戦(西武ドーム)では1勝2敗と負け越したが、今回の“千葉ラウンド”は連夜の大勝。10日に負けても3勝3敗で、同ルールにより西武がドロー防衛に成功。来季も『埼玉vs千葉…』と埼玉の“上”が決まった。

 依然5位だが、4位ロッテに0・5ゲーム差と肉薄。どうせなら3勝3敗と言わず、10日も勝って、今年も4勝2敗で締めくくりたい。(西村浩一)

試合結果へ

(紙面から)