2014.8.7 18:19

6日に途中降板の中日・岩瀬「思ったほど悪くはなかったです」

 6日の広島戦(ナゴヤドーム)で途中降板した中日・岩瀬仁紀投手(39)が7日、名古屋市内の病院での診察後、ナゴヤドームに姿を現した。

 「思ったほど悪くはなかったです。1軍には帯同して様子を見ながらです。昨日の今日だから、投げていません。また明日から」。岩瀬は左肘の強い張りから、12球を投げたところで降板。この日は投手陣に交じり、ゴムチューブを使い、左腕の強化に努めていた。