2014.8.1 12:00(1/5ページ)

藤浪&荒木氏、甲子園90周年記念プレミアム対談!!

甲子園誕生90周年を記念して実現した藤浪(右)と荒木大輔氏(左)の対談。ファン垂涎の2ショットがサンスポ紙上で実現

甲子園誕生90周年を記念して実現した藤浪(右)と荒木大輔氏(左)の対談。ファン垂涎の2ショットがサンスポ紙上で実現【拡大】

 幾多の名勝負の舞台となった甲子園球場が、誕生90周年を迎えた。聖地の卒寿に合わせて、サンスポ紙上でマンモスの申し子2人によるプレミアム対談が実現。2012年に大阪桐蔭高で春夏連覇を達成した阪神・藤浪晋太郎投手(20)と早実高のアイドル、荒木大輔氏(50)=サンケイスポーツ専属評論家=が思い出、現在の心境、未来について語り尽くした。藤浪は1日のDeNA戦に先発する。

荒木氏 バックスクリーンの形すごく印象に…

 荒木 甲子園が90周年…と聞かされると、やっぱり自分の高校時代を思い出してしまう。もう30年以上前のことなんだけれど、藤浪君はまだ最近のことだよね。

 藤浪 2010年に大阪桐蔭に入って1年生の時からベンチに入れてもらったので、意識しましたね。小学校の頃から、地元ということで、よく見に行ってました。いつかは行きたいなと思っていました。

 荒木 誰の時代?

 藤浪 小学校時代はダルビッシュさん(東北、現レンジャーズ)とか、大阪桐蔭の先輩でいえば平田さん(良介、現中日)、辻内さん(崇伸、元巨人)。その頃が高校野球を見始めた時ですね。

 荒木 僕が引退した後か。時代を感じるよ(笑)。僕が初めて甲子園に行ったのは1974年夏。高橋慶彦さん(元広島など)が城西(東東京代表)のエースとして出場された時。僕は調布リトルで野球をやっていて、その遠征でアルプススタンドから「かち割り」食べながら見ていたよ。

 藤浪 40年前ですか?

 荒木 僕らの時代の憧れは、巨人の原監督。東海大相模ですごく騒がれていた。藤浪君のヒーローはダルビッシュかな。

 藤浪 ダルビッシュさん、平田さん、辻内さん、そして前田健太さん(PL学園、現広島)ですね。みなさん、大阪の方ですし。地元のチームを応援していました。その頃の人はみんなすごいなと思ってました。

 荒木 出場した時の印象はどうだった? マウンドから振り返った時に、バックスクリーンの形がすごく印象に残っていて。独特の形でしょ。当時はスコアボードも手書きで、すごくカッコ良かった。

 藤浪 初めてグラウンドに立った時に「思ったより狭いな」と思ったんです。しっかり打ったら自分でもホームランを打てるんじゃないか、と(笑)。小学校の時にアルプス席から見ていた景色は「すごい広いな」と思って見ていたんですけど。実際にグラウンドに立ってみると、そうでもなかったんです。

 荒木 マウンドはどうだった? 投げやすかった?

 藤浪 投げやすかったです。(ホームベースとの)距離がすごく近く感じたんで。

【続きを読む】