2014.8.1 05:01

今季初!燕・バレ、能見撃ち4年連続20本塁打到達!!

1回、ヤクルト・バレンティンが先制ホームランを放つ=甲子園球場(撮影・中島信生)

1回、ヤクルト・バレンティンが先制ホームランを放つ=甲子園球場(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神1-8ヤクルト、14回戦、阪神8勝6敗、31日、甲子園)燕・バレンティンが一回、バックスクリーンへ20号先制2ラン。苦手とする能見から今季7打席目での初安打が決勝点となった。「高めに浮いたスライダーにうまく反応することができた」。2011年にチームに加入して以降、4年連続の20本塁打到達。球団でプロ1年目から4年連続20本塁打以上はペタジーニ、ラミレスに次ぐ3人目で、「次は4年連続30本塁打を狙う」とご機嫌だった。

試合結果へ

(紙面から)