2014.7.31 05:01

PL学園“監督”正井校長「彼らは戦友」/大阪

試合に敗れ涙するPLナイン=舞洲ベースボールスタジアム(撮影・二星昭子)

試合に敗れ涙するPLナイン=舞洲ベースボールスタジアム(撮影・二星昭子)【拡大】

 第96回全国高校野球選手権大阪大会(30日、大阪桐蔭9-1PL学園、舞洲ベースボールスタジアム)昨年、部員の不祥事で前監督が引責辞任し監督不在の中で大阪決勝まで進んだが、5年ぶりの甲子園出場はならず。野球未経験ながら監督登録され、チームを率いた正井一真校長(66)は「いろんな人にありがとうと言いたい。1試合ずつ彼らも成長してくれた。一緒に戦う経験をしたというか。戦友です」と振り返った。注目の次期監督には「全くの白紙。次が決まるまでは責任を果たさないと」と語った。

応援に駆けつけたPL学園OBの宮本慎也氏(元ヤクルト) 「監督がいない中でよく頑張った。今後は周りの大人たちがフォローする体制を作らないといけない」

試合結果へ

(紙面から)