2014.7.30 05:03(1/3ページ)

防御率セ界トップや!阪神・岩田、7月初黒星も8回4安打4K

岩田は8回4安打2失点の好投も、勝利には結びつかず(撮影・岡田亮二)

岩田は8回4安打2失点の好投も、勝利には結びつかず(撮影・岡田亮二)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神0-4ヤクルト、12回戦、阪神7勝5敗、29日、甲子園)敗戦のなか、1人輝きを放った。試合後の通路。岩田に笑みはないが、その存在感は十分に示した。粘りの投球で8回を2失点。黒星を喫するも、抜群の安定感を見せた。ついに規定投球回に達し、防御率リーグ1位に躍り出た。

 「打たれていないので、これで負けるのは悔しい」

 トレードマークになったあごひげに手をやり、悔しさを口にした。被安打はたったの4本。それだけに、2失点が悔やまれた。二回だ。先頭のバレンティンにストレートの四球を与えると、暴投と川端の三塁内野安打で一、三塁。続く畠山に中前へ先制適時打を打たれ、その後、一死一、三塁からも相川に中犠飛を浴びた。

【続きを読む】