2014.7.26 05:01(1/2ページ)

上本の同点弾呼ん“打”阪神・伊藤隼、マエケン初めて打った!

七回一死、代打で前田から左前打を放った伊藤隼。この一打も大きかった(撮影・白鳥恵)

七回一死、代打で前田から左前打を放った伊藤隼。この一打も大きかった(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (セ・リーグ、広島3-4阪神、11回戦、阪神7勝4敗、25日、マツダ)迷いのないスイングが、マエケン攻略のプロローグだった。七回一死。阪神・伊藤隼が138キロチェンジアップを流し打ち。打球は三塁手のグラブをはじいて左前へ。二死後の上本の同点2ランを呼んだ、価値ある代打安打だ。

 「去年も、1年目も、前田さんを打ったことないと思うんです。でも、最初から積極的にバットが振れたってことは、冷静に打席に入れていたんだなと思います」

【続きを読む】