2014.7.25 15:16

東京ガスがサヨナラ勝ち!ルーキー山岡「松井裕と並んだ」/都市対抗

新日鉄住金かずさマジック戦で自己最速を更新する150キロを投げ、初勝利を挙げた東京ガス・山岡泰輔投手=東京ドーム(撮影・赤堀宏幸)

新日鉄住金かずさマジック戦で自己最速を更新する150キロを投げ、初勝利を挙げた東京ガス・山岡泰輔投手=東京ドーム(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 第85回都市対抗野球大会の3回戦、新日鉄住金かずさマジック(君津市)-東京ガス(東京都)が25日、東京ドームで行われ、東京ガスが4-3で九回サヨナラ勝ちを収めた。東京ガスのルーキー右腕・山岡泰輔投手(18)は、六回から救援し、自己最速更新の150キロの直球を中心に攻め、4回2安打2四死球2三振1失点で、サヨナラ勝ちを呼ぶ形で勝利投手となった。

 山岡は、昨夏の甲子園に瀬戸内(広島)のエースとして出場後、野球のU-18W杯に桐光学園・松井裕樹投手(現楽天)らと共に日本代表として準優勝に貢献。社会人1年目で都市対抗に出場。勝利に「大変なところで失点は自分のミス。打線のおかげで勝てました。真っすぐで150キロが出て、松井と並びました。まだ持っているものはあるので、次に出したい」と貪欲だった。

試合結果へ

組み合わせ