2014.7.23 11:30(1/2ページ)

【乾坤一筆】わが故郷が生んだ大打者「小鶴誠」

特集:
ベテラン記者コラム・乾坤一筆
小鶴誠はヤンキースの名選手、ジョー・ディマジオに似た美しい打撃フォームから「和製ディマジオ」の異名を取った

小鶴誠はヤンキースの名選手、ジョー・ディマジオに似た美しい打撃フォームから「和製ディマジオ」の異名を取った【拡大】

 高校野球の地方大会が真っ盛り。硬式野球部がない高校出身の私でも、故郷・福岡の代表校がどこになるのか気になる。

 出身は飯塚市。1950年代まで日本一の石炭産出量を誇った筑豊地区の一角で、五木寛之の小説「青春の門」の舞台にもなった。同市出身者の著名人の代表格は麻生太郎元首相だが、プロ野球記録保持者もいる。2リーグに分立した初年度の50年、松竹で161打点を挙げた小鶴誠だ。

 現在は九州唯一のオートレース場がある同市鯰田(なまずた)で22年に生まれ、飯塚商業専修学校(のちの飯塚商高、83年に廃校)、八幡製鉄所を経て42年に名古屋(現中日)に入団した。

 大映所属の49年、打率・361で初のタイトルを獲得。翌50年に移籍した松竹では「水爆打線」と呼ばれた強力打線の3番を務め、大記録を作った。161打点、376塁打は現在もプロ野球記録。51本塁打も当時の新記録だった。打率・355は首位打者の阪神・藤村富美男に7厘差の2位。“打撃の神様”こと巨人・川上哲治の名言とされる「ボールが止まってみえた」は、小鶴の言葉だったともいわれる。

【続きを読む】