2014.7.22 22:06

福留が十二回二死からサヨナラ弾!巨人に連勝でゲーム差1・5に迫る

12回、さよなら本塁打を放った阪神・福留はマートンから水を浴びせられる=甲子園球場(撮影・安部光翁)

12回、さよなら本塁打を放った阪神・福留はマートンから水を浴びせられる=甲子園球場(撮影・安部光翁)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神3x-2巨人=延長十二回、14回戦、阪神9勝5敗、22日、甲子園)阪神・福留孝介外野手(37)が、劇的なサヨナラの3号ソロ本塁打を放ち、巨人との激闘を制した。チームは首位攻防戦連勝で巨人とのゲーム差を1・5とした。

 福留は、2-2の延長十二回二死からマシソンの152キロど真ん中の直球をジャストミート。右翼ポール直撃のサヨナラ弾となった。右拳を天に突き上げダイヤモンドを一周し「すごい嬉しいです。打った感触はよかったので、あとは切れるなと思った」と興奮気味に振り返った。

 伝統の一戦でサヨナラ本塁打を放ち「なんとも言えない最高の気分。九回に追いつかれたが、その中で勝ちを拾えたことが、今日だけではなく明日に向かってもすごく大きい」と笑顔を見せた。

新井良(六回に代打で2点打)「大和の代打だったので、大和の気持ちも込めて打った」

梅野(延長十一回に二盗を阻止)「練習でやってきたことを発揮できているかな」

試合結果へ