2014.7.21 05:03(1/4ページ)

光成散る…前橋育英、健大高崎に逆転負け「力不足です」/群馬

左手で涙をぬぐう前橋育英の高橋光。短い夏だったが、プロでこの悔しさを晴らす!!(撮影・今野顕)

左手で涙をぬぐう前橋育英の高橋光。短い夏だったが、プロでこの悔しさを晴らす!!(撮影・今野顕)【拡大】

 第96回全国高校野球選手権群馬大会(20日、高崎健康福祉大高崎6-2前橋育英、高崎城南)46大会が行われ、群馬3回戦では昨夏初出場優勝を果たした前橋育英が、シード校の高崎健康福祉大高崎に2-6で逆転負けを喫し、連覇が絶たれた。昨夏、2年生で優勝投手となった今秋のドラフト1位候補の右腕、高橋光成(こうな)投手(3年)が七回に悪夢の6失点。巨人の原沢敦・球団代表兼GMら11球団35人のプロ関係者が見つめる中、最後の夏が終わった。

【続きを読む】