2014.7.17 05:02

燕・小川監督、嘆き節「こっちは打線がつながらなかった」

ベンチ前で小さくポーズを取るヤクルト・小川監督(中央)=東京ドーム(撮影・春名中)

ベンチ前で小さくポーズを取るヤクルト・小川監督(中央)=東京ドーム(撮影・春名中)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人5-2ヤクルト、13回戦、巨人7勝6敗、16日、東京ドーム)菅野を攻略できず、借金15の最下位で前半戦をターン。小川監督は「菅野は要所でいい球を投げていた。巨人はここぞの場面で適時打が出たが、こっちは打線がつながらなかった。(敗因は)その差だと思う」と嘆いた。後半戦に向けては「結果にこだわっていきたい」と巻き返しを誓った。

試合結果へ

(紙面から)