2014.7.16 05:04(3/4ページ)

藤浪がプロ初完投!最多13K、虎8点爆勝呼んだ!!

藤浪は最後までマウンドを守りきり、この笑顔(右は梅野)

藤浪は最後までマウンドを守りきり、この笑顔(右は梅野)【拡大】

 完投ペースだった前回9日の広島戦(甲子園)は終盤制球を乱して八回途中降板。球場で観戦していた母・明美さん(50)から「残念だったね」とメールが来ると「切り替えて、次がんばるわ」と返信した。有言実行の完投劇だった。強い思いを胸に最速154キロの直球主体で押した。自己最多タイの13奪三振で5安打1失点(自責0)に封じ込んだ。

 球数制限などがあった1年目を終え、体重を86キロから90キロに増やした。オフには球団トレーナーから「この時期しか休みはないんだから、休めよ」と言葉をかけられていたが、中学時代から通っていた大阪・岸和田市内のジムに何度も足を運んだ。直球の球威は格段に増したが、制球が安定しなかった。

 投球フォームを5月下旬、セットポジションからノーワインドアップに変更。試行錯誤の末、投球時に左足を下げた際、ゆっくり息を吐く間合いを見つけた。「自分の呼吸で投げていますね。投げるタイミングで息を吐くようにしています」。リリース寸前までリラックスすることで無駄な力を省くことができた。フォーム変更後は7戦5勝1敗。覚醒の時がきた。

【続きを読む】