2014.7.16 05:04(2/4ページ)

藤浪がプロ初完投!最多13K、虎8点爆勝呼んだ!!

九回一死から高橋周の投手返しが腹部に当たったが、投げきった

九回一死から高橋周の投手返しが腹部に当たったが、投げきった【拡大】

 初めて耳にする「あと1人」コールが、「あと1球」に変わった。投じた自己最多の143球目。外角134キロのカットボールに武山のバットが空を切る。マウンド上の藤浪はグラブをポンポンと叩いた。駆け寄るナインと歓喜のハイタッチ。ついに、成し遂げた-。38度目の先発でプロ初完投勝利を手にした。

 「素直にうれしいです!! 9連戦の最後の登板で、リリーフの方に休んでもらいたかったので完投できてよかったと思います。あと1人コールと、あと1球コールと、ちょっと特別な思いがありました」

 3点の援護をもらった直後の一回は3者連続三振。ストライク先行で危なげなく、カットボールとのコンビネーションも抜群だった。七回一死一塁から高橋周の一ゴロを一塁手・ゴメスが後逸し、一走が生還。不運で初完封を逃したが、和田監督は「限りなく完封に近い完投」と称えた。九回一死、高橋周の打球が左胸付近を直撃したが、ベンチを制してマウンドを譲らなかった。

 「前回はふがいない形でマウンドを降りていたので、きょうはなんとしても、という思いでマウンドに上がりました!!」

【続きを読む】