2014.7.16 05:02

阪神・新井、今季2度目の猛打賞!藤浪のときは打つんです!!

六回、ダメ押しの中前タイムリーを放った新井。藤浪の先発試合は任せろ!!(撮影・白鳥恵)

六回、ダメ押しの中前タイムリーを放った新井。藤浪の先発試合は任せろ!!(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-8阪神、14回戦、中日7勝6敗1分、15日、ナゴヤドーム)重苦しい空気を一変させた。猛虎の勝利は六回二死一、二塁から、新井が中前タイムリーを放った瞬間に確定した、と言ってもいいだろう。

 「打ったのはチェンジアップ。意識はセンター返しでした。次の1点を早く取りたいと思っていたので、いいところで打てて良かったです」

 7月1日以来、11試合ぶりの「6番・三塁」でのスタメン。雄太対策としてズラリ並んだ右打者8人の一角として、弟、新井良と今季5度目の兄弟同時スタメン。和田監督の起用に応えた。四回の右前打、七回のダメ押し左翼線へのタイムリー二塁打を含めて、今季2度目の猛打賞だ。

 ベンチスタートが多く、出場機会に恵まれない大砲だが、実はこの日の先発・藤浪との相性は抜群。藤浪が先発したうちの11試合にスタメン出場し、28打数11安打、5打点。打率は・393のハイアベレージを誇っている。

 「もちろん知ってますよ。晋太郎の時は打ってるんでしょ」

 ちょっぴり胸を張った。藤浪とも、そんな話題になるんだとか。

 「僕の時はよく打ってくれますよね、と言ってますから」

 関本と並ぶ代打の切り札でありながらも、左腕先発の時はスタメンも。13日(対巨人)14日(対中日)は代打でヒット、この日が3安打-。“二刀流”で3試合連続安打。お兄ちゃんが、しぶ~く頑張っている。 (上田雅昭)

試合結果へ

(紙面から)