2014.7.16 05:01

阪神・ゴメス、クラシックスタイルで気分転換!

4回、阪神・ゴメスが安打=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)

4回、阪神・ゴメスが安打=ナゴヤドーム(撮影・中島信生)【拡大】

 (セ・リーグ、中日1-8阪神、14回戦、中日7勝6敗1分、15日、ナゴヤドーム)ゴメスが藤浪のプロ初完封を台無しにしてしまった。七回一死一塁の守備で、高橋周が放った一塁線へのゴロを後逸(記録は失策)。打球が右翼線を転々とする間、一走藤井が生還した。

 打撃では四回に右前打、六回二死では新井の中押し打につながる四球を選んだが、最後に守りのミス。この試合からストッキングを上げるクラシックスタイルで試合に臨み「気分転換さ。マートンと『一緒にやろう』って話していたのさ」と明かしたが、守りでは味方の足を引っ張った。

試合結果へ

(紙面から)