2014.7.16 05:01

履正社コールド発進!八田が2ラン「打つ気はしてました」/大阪

三回、本塁打を放つ履正社・八田夏=南港中央野球場(撮影・二星昭子)

三回、本塁打を放つ履正社・八田夏=南港中央野球場(撮影・二星昭子)【拡大】

 第96回全国高校野球選手権大阪大会(15日、履正社13-3交野、南港中央)センバツ準優勝校は初戦となった2回戦で交野(かたの)に13-3で五回コールド勝ち。3点をリードされたが、三回二死三塁から7番で捕手の八田(3年)が左越え勝ち越し2ラン。「きのう(14日)バッティングセンターに行ったら調子がよかったので、打つ気はしてました」と笑った。「みんなが打ってくれるんで、バッテリーで最少失点にしたい」と、日本一へ課題を挙げた。

試合結果へ

(紙面から)