2014.7.10 05:03(1/2ページ)

ノリノリや!虎D4・梅野、激走三塁打で日本新決めた

また梅ちゃん、大ハッスル! 四回、梅野の三塁打で、日本新24イニング連続安打となった(撮影・山田喜貴)

また梅ちゃん、大ハッスル! 四回、梅野の三塁打で、日本新24イニング連続安打となった(撮影・山田喜貴)【拡大】

 (セ・リーグ、阪神6-5広島、10回戦、阪神6勝4敗、9日、甲子園)梅ちゃんのバットで新記録だ!! ドラフト4位・梅野隆太郎捕手(福岡大)が四回、先頭で右越え三塁打。この瞬間、5日のDeNA戦(横浜)の七回から続くチームの連続イニング安打は「24」に。2005年にヤクルトが樹立した日本記録「23」を更新した。

 「ほんとですか、すごいですね。追い込まれてから、いい対応できたと思う」

 試合後、報道陣から新記録について知らされ、ビックリだ。カウント2-2から、広島・九里の外角140キロを流し打った。天谷の頭上を打球が越えると、全力疾走で三塁へ。ハッスルプレーで甲子園を沸かし、大きなメモリアルを刻んだ。

 第1打席にも快音を響かせた。二回一死二塁。カウント3-1からシュートを右前へ。二回に先制された直後に追いつく一打に、和田監督も「(守りで)二死からヒットで出て走られ、追い込みながらも失投で。バッテリーでとられた点を梅野が自分のバットで取り返したのが大きかった」と称賛した。

 チームは7月無敗の7連勝。すべて梅野が先発マスクだ。月間23打数7安打(打率・304)3本塁打だが、7安打のうち5本が長打と思い切りの良さが光る。下位打線に一発長打もある男が座ることで、虎の得点力は確実にアップした。

【続きを読む】