2014.7.10 12:00(2/2ページ)

【ありがとう八十年(47)】広岡達朗、キャンプに参加…わいた東京六大学への興味

特集:
レジェンドが語るプロ野球史
早稲田大野球部で指導する、早大OB・広岡達朗氏

早稲田大野球部で指導する、早大OB・広岡達朗氏【拡大】

 そんな時、早大から宮崎で秋のキャンプを張っているから来い、と声がかかった。気楽な気持ちで参加すると、宮崎駅近くの県営球場はなかなか立派だった。呉一中のグラウンドなんて岩盤で、デコボコしていたからね。

 ところが早大の選手は「ひどい石ころ球場だ」と文句を言う。そりゃそうだろう。早大の安部球場や東京六大学野球で使う神宮球場に比べれば、月とスッポンだ。それに当時のプロ野球は職業野球とさげすまれ、野球といえば東京六大学の時代だった。

 こんなぜいたくを言う人たちは、どんなに素晴らしいグラウンドでプレーしているんだろうと思うと、一気に興味がわいてきた。おやじには申し訳ない話だが…。

  ◆現在、サンスポ紙面では関根潤三氏を好評連載中です◆

(紙面から)