2014.7.9 05:03(1/3ページ)

聖和学園、逆転勝ち!元ロッテ・醍醐氏の孫が代打V二塁打/宮城

決勝二塁打を放った醍醐。祖父の教えを守り、思い切りのいい打撃でチームを勝利に導いた(撮影・清水智彦)

決勝二塁打を放った醍醐。祖父の教えを守り、思い切りのいい打撃でチームを勝利に導いた(撮影・清水智彦)【拡大】

 第96回全国高校野球選手権宮城大会(8日、蔵王)山梨で新たに開幕して10大会で試合が行われ、宮城大会では、聖和学園が、東北学院榴ケ岡に1点ビハインドの九回に3点を奪い、8-6で逆転勝ち。プロ野球元ロッテの2軍監督で、1971年にプロ野球タイの4打席連続本塁打を記録した醍醐猛男(猛夫)氏(75)の孫・純平(3年)が代打で決勝二塁打を放った。9日は埼玉大会が開幕する。

【続きを読む】