2014.7.9 21:15

ヤ軍が大谷チェック!?元日本ハム監督のヒルマン氏が視察

バックネット裏で日本ハム・大谷にスピードガンを向けるヤンキース・ヒルマン氏(右)=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)

バックネット裏で日本ハム・大谷にスピードガンを向けるヤンキース・ヒルマン氏(右)=コボスタ宮城(撮影・土谷創造)【拡大】

 (パ・リーグ、楽天1-2日本ハム、11回戦、楽天6勝5敗、9日、コボスタ宮城)日本ハム・大谷翔平投手(20)が楽天戦に先発。バックネット裏では、元日本ハム監督で今季から米大リーグ、ヤンキースの育成担当特別補佐を務めるトレイ・ヒルマン氏(51)が、スピードガンを向けるなど熱い視線を送った。

 大谷は一回、先頭の松井稼に二塁打を浴び、犠打で一死三塁から銀次に先制の右前適時打を許した。それでも味方が二回に同点とし、八回に2-1と勝ち越すと、さらにギアチェンジ。大谷は4安打で自己最多の16三振を奪い1失点完投で8勝目(1敗)を挙げた。MAXは159キロをマークした。

 試合前のヒルマン氏は、楽天の佐藤1軍投手コーチらと笑顔で言葉を交わしていた。

試合結果へ