2014.7.6 18:19

阪神、打ち勝って5連勝! 鳥谷4安打4打点&美技

九回、適時二塁打を放つ阪神・鳥谷=横浜スタジアム(撮影・鳥越瑞絵)

九回、適時二塁打を放つ阪神・鳥谷=横浜スタジアム(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・リーグ、DeNA6-12阪神、12回戦、阪神9勝3敗、6日、横浜)阪神は鳥谷敬内野手(33)が、4安打4打点の活躍を見せ打線をけん引。17安打12得点で乱打戦を制し今季2度目の5連勝を飾った。

 阪神が激しい点の取り合いを制した。主役は鳥谷だ。点を取り合って迎えた1点リードの九回、2点を追加し、なおも二死満塁で打席には鳥谷。DeNAの7番手・長田の5球目の直球を捉えると、打球は走者一掃の中越え適時二塁打。乱打戦にケリをつけた。

 六回の守りではファインプレーを見せた。二死一、二塁で多村の打った中前に抜けそうな当たりを横っ飛びでダイビングキャッチ。そのまま二塁に送ってフォースアウト。守りでも勝利に貢献した。攻守に渡る活躍にも鳥谷は「うしろを打つ2人が好調なので、つないでいく気持ちで打席に立っている。チームが勝っていることが1番」と涼しい顔。頼れるチームリーダーの活躍で5連勝を飾った。

鶴(3回1失点)「初回に先頭への四球が失点に結びついたことと、三者凡退の回がなかったのが反省点」

金田(2番手で2回無失点、勝利投手に)「しっかり準備ができている」

上本(開幕カード以来の2号ソロ)「逆方向だったので、本塁打になるとは思わなかった」

試合結果へ