2014.7.5 05:01

ヤクルト、打線組み替えも拙攻11安打1点

六回、タイムリーを放つヤクルト・森岡=マツダスタジアム(撮影・森田達也)

六回、タイムリーを放つヤクルト・森岡=マツダスタジアム(撮影・森田達也)【拡大】

 (セ・リーグ、広島7-1ヤクルト、9回戦、広島7勝2敗、4日、マツダスタジアム)11安打も1点しか奪えず、リーグ戦再開から白星なしの4連敗。この日は山田を1番に戻し、3番川端、4番雄平の新打線で挑んだが前田に要所を締められた。プロ入り後、公式戦で初めて4番を務めた雄平は「特別な意識はなかったが強いて言えば勝ちたかった。残念です」。小川監督は、ここ2試合計13失点のナーブソンに「ボール球先行で試合のリズムも悪くしている」と苦言を呈した。

試合結果へ

(紙面から)