2014.7.4 22:13

中日・田島が1イニング3死球で球場騒然…プロ野球タイ記録

7回、三者連続死球の中日・田島(左)=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)

7回、三者連続死球の中日・田島(左)=東京ドーム(撮影・荒木孝雄)【拡大】

 (セ・リーグ、巨人4-3中日、10回戦、巨人7勝3敗、4日、東京ドーム)七回から登板した3年目の中日・田島が、先頭から3者連続死球を記録した。先頭の村田には、スライダーが抜け、続くアンダーソンには直球が引っかかり、長野にもスライダーが抜けて、3連続の死球に球場が騒然となった。「笑えないです。ゼロで抑えられたのはよかったけど、それだけです…」。1イニングでの3連続死球は、1979年5月12日の日本ハム戦(後楽園)でロッテ・望月卓也が記録して以来のプロ野球タイ記録となる。

試合結果へ