2014.7.3 17:00

ソフトバンク・五十嵐、監督推薦で9年ぶりの球宴出場

マツダオールスターゲーム2014に監督推薦で選出された(左から)ソフトバンク・サファテ、柳田、五十嵐=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)

マツダオールスターゲーム2014に監督推薦で選出された(左から)ソフトバンク・サファテ、柳田、五十嵐=ヤフオクドーム(撮影・中川春佳)【拡大】

 プロ野球マツダオールスターゲーム2014の監督推薦選手が3日に発表され、ソフトバンクからは柳田悠岐外野手(25)、五十嵐亮太投手(35)、デニス・サファテ投手(33)の3名が選ばれた。

 ヤフオクドームでそろって会見を行い、プロ4年目で初出場となった柳田は「三振におびえず、ガンガンバットを振りたい。ヘルメットが飛んでもいいくらい思い切りバットを振ります」と胸を張った。リーグ2位の打率・325を誇り、9本塁打、42打点と大ブレーク中。スターの中でも“らしさ”を爆発させる。

 ヤクルト時代の2005年以来、5度目の球宴となった五十嵐は、今季も28試合に登板し1勝0敗16ホールドと安定感が目立つ。「10年前と変わっていない真っすぐを投げるということを、証明したいと思います」と、剛腕を腕まくりした。

 広島時代の2011年以来、3年ぶり2度目の出場となったサファテは「観に来てもらえば、パ・リーグの方が強いと実感できるんじゃないか。広島で一緒にやった堂林と対戦したいね」と不敵に笑った。今季は32試合に登板し3勝0敗19セーブ、セーブ失敗ゼロだ。晴れ舞台でも、絶対的な守護神ぶりを見せつける。(数字は3日の試合前時点のもの)

球宴出場選手一覧へ