2014.7.2 05:02(1/2ページ)

初スタメン燃えた~!虎・新井がV打「いつも準備していますから」

 新井が一回に勝ち越しの2点打。中堅手が後ろにそらしたのを見て三塁へ全力疾走(撮影・白鳥恵)

 新井が一回に勝ち越しの2点打。中堅手が後ろにそらしたのを見て三塁へ全力疾走(撮影・白鳥恵)【拡大】

(セ・リーグ、阪神12-6ヤクルト、10回戦、阪神6勝4敗、1日、倉敷)12点も奪うと、決勝打もかすんでしまいがち。でも、思い返せば、一番大事な“勝利打点”は「6番・三塁」に座った新井のバットから生まれた2打点だ。同点にしてなお一回一死二、三塁。石川の外角寄りのシンカーを素直に中前にはじき返した。相手センターが後逸する間に三塁まで走り、続く福留のタイムリーで5点目のホームも踏んだ。

 「とにかく、どんどんスイングしていこうという気持ちでいました。結果が出たのは良かったですよね」

【続きを読む】