2014.7.1 05:03(1/3ページ)

虎・藤浪、夏男の誓い!「空気良くないので流れを作れるように」

甲子園でノックを受ける藤浪。3本柱として、いまこそチームを救う投球が求められる(撮影・白鳥恵)

甲子園でノックを受ける藤浪。3本柱として、いまこそチームを救う投球が求められる(撮影・白鳥恵)【拡大】

 阪神・藤浪晋太郎投手(20)が30日、甲子園球場での投手指名練習に参加後、岡山に入った。5連敗中のチームはエースの能見篤史投手(35)が左脇腹付近の違和感で登録抹消。1日のヤクルト戦(倉敷)に先発予定の右腕は「しっかり流れを作れるように」と重たい空気の一掃を誓った。

【続きを読む】