2014.6.25 18:01(3/5ページ)

阪神入団の建山「引退だと思っていたので…感謝しています」

会見する阪神・建山=西宮市(撮影・鳥越瑞絵)

会見する阪神・建山=西宮市(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 --甲子園球場と阪神ファンは

 「米国に行く前は敵として甲子園のマウンドに立ちましたけど、今回、熱い声援を味方にできるということで、失敗すれば罵声もあるかもわからないですけど、そういったところも真摯に受け止めて、自分のエネルギーに変えてがんばりたいと思っている」

 --ファンにどういう投球を見てほしいか

 「米国で学んだこともたくさんありました。もう球威は昔ほどないんですけども、打者の懐をついて、攻撃的な投球をみてもらえたら、と思います」

 --オファーは他球団からもあった

 「いえ、そんなことはないです」

 --阪神のオファーがあったときの心境

 「素直にうれしかったですね」

 --メジャーを終え、また戻ってくることには

 「2011年から米国でプレーしたときに、向こうでユニホームを脱いでくるんだなと思ってやっていましたし、実際に5月にリリースになって、自分も引退だと思っていたので、阪神が手を差し伸べてくれて、非常に感謝しています。そのときに、日本に帰ってプレーしようと、決断しました」

【続きを読む】