2014.6.22 05:01

日本ハム・大谷、2安打もコールドに「勝てないと意味ない」

5回、適時二塁打を放つ日本ハム・大谷=マツダスタジアム(撮影・森田達也)

5回、適時二塁打を放つ日本ハム・大谷=マツダスタジアム(撮影・森田達也)【拡大】

 (セ・パ交流戦、広島8-4日本ハム=六回表途中降雨コールド、3回戦、日本ハム2勝1敗、21日、マツダスタジアム)大谷が1日の阪神戦(札幌ドーム)以来となる野手で先発出場。五回に大瀬良の直球を捉えて適時二塁打を放つなど2安打。チームは4点リードの五回に打者13人、9安打の猛攻を受けて一挙8失点。直後に雨脚が強くなり降雨中断の末にコールドゲームで敗戦。「タイムリーはよかったですけど、勝てないと意味がないです」と唇をかんだ。

試合結果へ

(紙面から)