2014.6.19 05:03(2/2ページ)

ハマのお助けマンだ! DeNA・後藤が昇格即4番で4安打4打点

1回、先制2ランを放ちグリエル(左)に迎えられるDeNA・後藤=横浜

1回、先制2ランを放ちグリエル(左)に迎えられるDeNA・後藤=横浜【拡大】

 代役4番は後藤にお任せ! 今季3試合目となる4番に座った後藤が、大爆発だ。一回に藤岡のカーブを捉えてバックスクリーン左に先制の2号2ランを放つと、4安打4打点。けがで主力を欠く打線に活を入れた。

 「4番に使ってもらって意気に感じた。緊張はしたけれど、これが野球の醍醐(だいご)味」

 チームの危機に中軸を任される“お助けマン”だ。今季1軍初昇格となった5月7日の巨人戦(東京ドーム)でも「4番・一塁」で先発し、1打席目に左翼席に1号ソロ。昨季もブランコが欠場した8月20日の阪神戦(横浜)で4番に入り、本塁打を放った。

 横浜高の4番として、松坂(メッツ)らと1998年に甲子園を春夏連覇した。同じ横浜高出身の荒波は15日に右ふくらはぎの肉離れで、筒香はこの日に右太もも裏の張りで出場選手登録を抹消された。心優しき先輩が、後輩の不在をしっかりフォローした。

 自身も5月10日のヤクルト戦で左内転筋を痛めて2軍落ち。「チームの投手が打撃練習で投げてくれたので勘をつかめた」と感謝を忘れない。「チームの状況が苦しい中でよく打ってくれた。4番を自分で勝ち取ったよ」と中畑監督。交流戦は10勝10敗。7年ぶりとなる交流戦2桁勝利の立役者に目を細めていた。 (下村静史)

試合結果へ

(紙面から)