2014.6.19 00:17

キヨシ監督、2桁得点に満足も6失点の井納に「大反省してもらいたい」

ロッテに勝利し、DeNA・後藤を迎える中畑監督(左)=横浜スタジアム(撮影・古厩正樹)

ロッテに勝利し、DeNA・後藤を迎える中畑監督(左)=横浜スタジアム(撮影・古厩正樹)【拡大】

 (セ・パ交流戦、DeNA11-6ロッテ、4回戦、DeNA3勝1敗、18日、横浜)DeNAは18日、ロッテ戦(横浜)に11-6で快勝した。打線が序盤から快調で得点を積み重ねて、今季3度目の2桁得点での勝利。中畑監督は「打線がつながってくれた。攻撃陣には満足している」とうれしそう。ブランコ、筒香、荒波、梶谷を欠く打線だったが、この日、1軍に昇格した後藤が4番に座り、一回に先制のバックスクリーン左への2ランを放つと4安打4打点。「チームの状況がよくない中でよく打ってくれた」。34歳のベテランの奮起に満足そうな表情を浮かべた。

 もっとも6失点で完投し、巨人・菅野と並びリーグトップの8勝目をあげた井納にはおかんむりだ。「中途半端なピッチングを見せて。あれではエースになれない。きょうはほめるところがない」。28歳右腕が志願したため最後まで投げさせたが「頭を30回ぐらい殴りたい」。大きな期待を寄せているだけに口調も厳しく、徐々にヒートアップ。ミーティングを終えたあとは「60回ぐらい殴りたい」と数が増えていた。

試合結果へ