2014.6.18 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】聖地で編集局で絶望と希望とまた…

日本ハム・中田(右)と帽子を交換する今成(左)。電撃トレード成立!?

日本ハム・中田(右)と帽子を交換する今成(左)。電撃トレード成立!?【拡大】

 「私は百万の銃剣よりも、3枚の新聞紙をもっと恐れる」と言ったのはナポレオンです。軍事力には絶対的な自信を持っていた英雄がフランス革命の騒乱のなかで「世には太刀打ちできない」といった。百万の軍隊ではなくタッタ3枚の新聞の論調だと彼は認識していたのであります。

 しかし…であります。たしかに我がサンスポはせん越ながら最も多くの阪神ファンの皆様にご愛読いただいて(ありがとうございます)おりますが、ナポレオンみたいな権力者に影響を及ぼすような大胆なことは考えておりません。

 だが…この日午後5時20分頃、チーフデスク(CD)席の電話が鳴りまして、大沢謙一郎が出ると、これが甲子園のサブキャップ阿部祐亮。

 「あの…“妄想コンテ”はまだ間に合いますか?」

 本日、初めてこのコラムをお読みになる方だけにちょっと説明させていただきますと、CDが大沢謙一郎の場合、試合がある日はヤツは夕方の紙面会議に「妄想コンテ」なるものを提出します。

 それがもはや一部の方には興味シンシン、それ以外の方には大ブーイング?ではありますが…とにかくこの日は彼はこう書きました。

 1面=藤浪、プロ初完封!やれば出来る、ザック・ジャパンもできるぞ

 3面=俺が司令塔!藤井V打

 でね、とてもじゃないがこんな妄想紙面にはナポレオンがビクビクなんかしないわけです。

【続きを読む】