2014.6.17 20:15

楽天・星野監督、手術成功しリハビリ開始 球団が発表

楽天・星野監督

楽天・星野監督【拡大】

 腰痛のため休養中の楽天・星野仙一監督(67)が病院での手術を終え、リハビリを開始したことが17日、球団から発表された。今後は患部の回復状態を慎重に見ながら、現場復帰を目指す。

 腰痛が悪化したのは5月26日。持病の「腰椎椎間板ヘルニア」に加え、厚生労働省が難病に指定する「胸椎黄色靱帯骨化症」を併発していたことが判明し、チームから離脱した。静養しながら手術に耐えられる体力の回復を待ち、この日までに手術を終えたという。

 立花球団社長は「直接にお話をさせていただき、手術が無事に成功したと伺いました。元気な声を聞いて、ひとまず安心しました。一日も早い復帰を祈っていますので、みなさまも温かく見守ってください」とコメント。復帰時期は7月中旬以降になる見通しだ。