2014.6.17 17:21

巨人、7・4に夢の対決!ミスター&カネやんが1打席限定勝負

 巨人は17日、7月4日の中日戦(東京ドーム)前の始球式でOBの長嶋茂雄終身名誉監督(78)が打者役として、400勝投手の金田正一氏(80)が投手役として1打席限定の対決を行うことを発表した。

 巨人が公式戦初勝利をあげた1936年7月3日にちなんで開催する「ジャイアンツメモリアルウィークス(7月4-6日、11-13日)」のイベントの一環として夢の対決がよみがえる。

 両者の初対決は、1958年4月5日に後楽園球場で行われた巨人対国鉄の開幕戦。この年に立大から入団した長嶋氏は、当時国鉄のエースだった金田氏と対戦し、4打席連続で空振り三振を喫した。それからライバルとして、何度も名勝負を演じた2人の勝負が、球団創設80周年の節目の年にファンで再び演じられる。