2014.6.16 05:04(1/2ページ)

DeNA・山口が3連勝!キヨシ監督絶賛「エースの雰囲気」

山口がマウンドで躍動。先発再転向後、3連勝で今やエースの貫禄だ (撮影・中川春佳)

山口がマウンドで躍動。先発再転向後、3連勝で今やエースの貫禄だ (撮影・中川春佳)【拡大】

 DeNAは15日、ソフトバンク最終戦(ヤフオクドーム)に5-1で勝利。山口俊投手(26)が8回1/3を1失点に抑え、1日から先発に再転向してから3連勝を飾った。

 「5点を取ってもらって、後半は楽にピッチングをさせてもらえた」

 抑え役では「一発の危険がある」と封印していたカーブを序盤に多投。六回一死二、三塁では「ギアが上がった」と抑えの経験を生かし、150キロの直球とフォークボールを駆使し、李大浩(イ・デホ)、長谷川を連続で空振り三振に仕留めた。大分県から観戦にきた母・啓子さんらが見守る中での快投だった。

 心残りはプロ初完投を逃したことだ。九回一死一、二塁で交代を告げられ、大きく顔をゆがめた。「(4点差で)セーブがつかないのに何で…」。抑えのつらさは知っている。だが、ベンチに戻るとセーブがつく場面だと分かり「仕方がない。次は完投したい」と切り替えた。

【続きを読む】