2014.6.12 05:01

燕・山田、初回先頭打者アーチ「嫌らしい1番を目指している」

先制ソロの山田哲人(右)を迎えるヤクルトベンチ

先制ソロの山田哲人(右)を迎えるヤクルトベンチ【拡大】

 (セ・パ交流戦、楽天0-1ヤクルト、3回戦、ヤクルト2勝1敗、11日、コボスタ宮城)21歳の山田が、今季3度目の初回先頭打者アーチで、虎の子の1点をたたき出した。「簡単に終わらない、間違えれば本塁打もあるよ、という、相手にとって嫌らしい1番を目指している」。7日のロッテ戦(神宮)で発熱のためメンバーを外れたが、雨天中止に救われ「1番・二塁」での全試合出場は続行中。「二塁は山田だと誰からも思われるようになりたい」と強い思いをにじませた。

試合結果へ

(紙面から)