2014.6.10 05:03(1/4ページ)

和田虎“無策”完封負け、屈辱中の屈辱…放出スタンにやられた

最後の打者、マートンの凡退を見届ける和田監督(右)。こんな屈辱の負けはない(撮影・白鳥恵)

最後の打者、マートンの凡退を見届ける和田監督(右)。こんな屈辱の負けはない(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (セ・パ交流戦、阪神0-6ソフトバンク、4回戦、2勝2敗、9日、甲子園)放出した相手に完封されるなんて…。阪神は昨季まで所属していたソフトバンクのジェイソン・スタンリッジ投手(35)に沈黙し、屈辱の完敗。サンケイスポーツ専属評論家の小早川毅彦氏(52)は、工夫のない打撃と、勝負出来なかった采配を厳しく指摘した。これで貯金はわずか2、首位巨人と2・5差。こんな情けない試合、虎党は見たくない!

【続きを読む】