2014.6.7 05:03(1/2ページ)

江夏に並んだ!阪神・能見、4試合連続2桁奪三振!!

4試合連続2桁奪三振を記録するなど力投した能見だが…(撮影・鳥越瑞絵)

4試合連続2桁奪三振を記録するなど力投した能見だが…(撮影・鳥越瑞絵)【拡大】

 (セ・パ交流戦、阪神3-4オリックス、3回戦、オリックス2勝1敗、6日、甲子園)偉業が成し遂げられた聖地に、白星を祝うジェット風船は飛ばなかった。能見が積み重ねた10個の「K」。球団の大先輩・江夏豊らに並ぶ、セ・リーグ記録の4試合連続2桁奪三振を達成したが、無情にも勝利の女神はエースを見放した。

 序盤は圧巻の投球内容だった。最速142キロの直球を軸に、キレ味のあるスライダー、フォークで三振の山を築く。一、二回と五回には2者連続の空振り三振を記録し、六回には3つのアウトすべてを三振で奪った。

 七回には先頭の代打・中村を131キロのフォークで空振り三振に仕留め、10個目の「K」をマーク。5月16日のDeNA戦(甲子園)から続く連続2桁奪三振の試合数を「4」に伸ばした。

【続きを読む】