2014.5.30 05:00

阪神・上本痛恨、失点に繋がる併殺失敗の送球ミス

八回、中飛に倒れバットを叩きつける阪神・上本=甲子園球場(撮影・白鳥恵)

八回、中飛に倒れバットを叩きつける阪神・上本=甲子園球場(撮影・白鳥恵)【拡大】

 (セ・パ交流戦、阪神2-13西武、2回戦、西武2勝、29日、甲子園)上本の小さなミスが失点につながった。2-2の六回無死一塁。浅村の放った遊ゴロを鳥谷が二塁へ送球。だが、上本の一塁への転送が一瞬、遅れた。結果、併殺に失敗。二死後に炭谷の右翼線への適時三塁打で勝ち越しを許した。試合後、「うまく握れなかったのか」と問われた若虎は「はい…」と力なく答えた。反省を生かし、次につなげていく。

試合結果へ

(紙面から)