2014.5.26 21:09

谷繁監督が負傷交代…自ら「×」サイン、手当後に再びベンチへ

7回、3塁付近で両手でXサインをだし自ら交代をベンチへ指示する中日・谷繁兼任監督=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)

7回、3塁付近で両手でXサインをだし自ら交代をベンチへ指示する中日・谷繁兼任監督=ナゴヤドーム(撮影・森本幸一)【拡大】

 (セ・パ交流戦、中日-ソフトバンク、2回戦、26日、ナゴヤドーム)中日・谷繁元信兼任監督(43)がソフトバンク戦で、走塁の際に左太もも裏を痛め、交代した。

 谷繁は、七回二死で二走として、大島の中前打で本塁をねらったが、三塁を回ったところで、三塁コーチに止められた。その際に、左太もも裏をおさえ、苦悶(くもん)の表情を浮かべた。交代後は、手当を終え、再びベンチに姿を現した。

試合結果へ