2014.5.25 05:02(1/2ページ)

上本、復帰後4戦連続H!虎将「流れをもってきてくれている」

一回に鳥谷の左前打で本塁へ激走する上本。復帰後4試合連続安打で打線を引っ張る(撮影・中川春佳)

一回に鳥谷の左前打で本塁へ激走する上本。復帰後4試合連続安打で打線を引っ張る(撮影・中川春佳)【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク3-4阪神、2回戦、1勝1敗、24日、ヤフオクドーム)測ったかのように一、二塁間を破った。小兵に秘める根性が白球に乗り移っているようだった。試合開始わずか6分での先制攻撃は、やはり上本のバットから始まった。

 「これからも続けていきます」

 一回先頭。中日からFAでソフトバンクに移籍した中田の外角直球に対し、逆らわずに右方向へ運んだ。

 3日のヤクルト戦(神宮)で右手親指を骨折したが脅威の回復をみせ、交流戦初戦となる20日のオリックス戦(京セラD)で1軍復帰後、4試合連続安打。大和の遊ゴロの間に二進し、鳥谷の左前適時打で一気に生還した。上本は得点につながったことに関して「それは結果論なんで」と多くを語ることはなかったが、和田監督は、上本の働きが相手投手の心を揺さぶらせていることを改めて強調した。

【続きを読む】