2014.5.25 05:02

虎・呉昇桓と李大浩の英雄対決に韓国メディア興奮「ドラマだ」

日本で初対決の李大浩には左前へ運ばれた

日本で初対決の李大浩には左前へ運ばれた【拡大】

 (セ・パ交流戦、ソフトバンク3-4阪神、2回戦、1勝1敗、24日、ヤフオクドーム)阪神・呉昇桓投手(31)が1点リードの九回を無失点に抑え、セ単独トップの12セーブ目。韓国時代のライバル、ソフトバンク・李大浩内野手(31)に左前打され、無死一、二塁のピンチも動揺しなかった。

 テレビ1社、オンラインメディアを含めた新聞4社、約10人の報道陣が駆けつけた韓国メディアも呉昇桓と李大浩の英雄対決に大興奮の様子だ。シーズン開幕直後から1カ月に渡り、虎の守護神に密着取材を続けていたMKスポーツのアン・ジュンチョル記者も今カードに合わせて再来日。「2人の対戦はドラマのような展開だった」と語った。なお、この熱戦は、母国にケーブルテレビで生中継されていた。

試合結果へ

(紙面から)